トップ 胃腸・消化器医院ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

胃腸・消化器医院ガイド胃腸・消化器科で診療する病気 > 大腸炎

大腸炎

大腸炎の画像

大腸に炎症が起こると大腸炎となりますが、大腸炎を引き起こす原因は様々です。なかでも抗生物質を服用することで、本来大腸にはいない菌が増殖すると、酷い大腸炎となってしまうことがあります。身体を健やかに保つためには、腸内細菌のバランスは重要です。

乳酸菌など、身体によい菌を含む食品を積極的に摂る用にとよく言われるのもそのためですが、何らかの病気の治療目的で服用した抗生物質により、このバランスが大きく崩れてしまうことがあります。そうなると大腸の中で、病原菌が増殖しやすい環境ができてしまうことがあるのです。増殖しやすく、感染の原因となる細菌はクロストリジウム‐ディフィシルという菌で、大腸を傷つける毒素を2種類も放出します。

多くの抗生物質が大腸にとっては良くない状況を作り出してしまうことがありますが、特にセファロスポリン系と呼ばれる種類の抗生物質でおこりやすいと言われています。クロストリジウム‐ディフィシル感染症は経口投与ばかりでなく、注射でも起こることがあり、これによって大腸炎を引きおこしてしまう可能性は高齢の患者さんであるほど高くなります。

とはいえ、誰でも酷い症状を経験するかと言えばそうでもなく、少々便が緩くなる程度ですんでしまう場合も少なくありません。しかし場合によっては出血を伴う下痢や腹痛、発熱などの症状が現れることもあります。ひどくなってしまうと腸疾患の合併症の一つである中毒性巨大結腸など、命に関わる症状にまで発展してしまうこともあります。

クロストリジウム‐ディフィシルは便のサンプルから診断されます。便の中にクロストリジウム‐ディフィシルが出す毒素があるかどうかを確認するためです。もしクロストリジウム‐ディフィシルによる大腸炎と診断されれば、よほどの理由がない限り、まず抗生物質の使用を中止し、合併症が出ていなければ様子を見ますが、たいていは2週間程度で収まってくるようです。重症化してしまっている場合は入院の上適切な処置をしますが、命に関わるような場合は大腸の切除などの大きな手術か行われることもあります。



スポンサー広告

ネットショップ広告

胃腸・消化器医院ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 胃炎

胃は強い酸を出して食べ物を消化してくれる器官ですから、本来は刺激にも強く、かなり強い酸からも守る術を備えている器官ですが、それでもやはり何かの拍子に不用意に刺激を受けるなどして炎症を起こしてしまうことがあるのは、成人している人なら経験として良く知っていることではないでしょうか。 胃がキリキリと痛む、という経験を持つ人は少なくないことでしょう。このような症状があるときは、胃に炎症が起こっているかも知れません。この状態は胃炎と呼ばれています。胃炎は様々な原因によって起こってしま

胃腸・消化器医院ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。