トップ 胃腸・消化器医院ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

胃腸・消化器医院ガイド胃に起こる病気 > 胃から食道への逆流

胃から食道への逆流

胃から食道への逆流の画像

胃から頻繁に胃液が食道に逆流する症状を胃食道逆流症と言います。胃から出る強い胃酸が、胃のように保護粘膜を持たない食道に入ってきてしまうと簡単に負けてしまうのは当然のことです。胃と食道の近く、つまり食道の下の部分には下部食道括約筋がありますが、この輪状の筋肉が弁のような役目を果たし、胃から食べたものや胃液、消化酵素などが逆流してこないように防いでいますが、この食道下部括約筋がきちんと働いてくれないと逆流が起こるわけです。

逆流は、立っているときよりも寝ているときのほうが起こりやすくなりますが、これは立っているときであれば重力が胃の中身があがってくるのを塞いでくれるからです。この下部食道括約筋の働きを鈍らせるのはアルコールやコーヒー、チョコレートなどです。これらを食後などに取り込むとさらに逆流が起こりやすくなります。

消化が遅くなりがちな糖尿病などにかかっている場合も胃食道の逆流が起こりやすい状態となっています。胃食道逆流症は胸焼けの原因です。胸焼けは焼け付くような痛みが特徴ですが、痛みが消化器をこえて顔面近くまでも広がる場合もあります。さらに逆流により食道に炎症ができてしまうことで食道炎となってしまったり、ただれや潰瘍を作ってしまうこともあるでしょう。

このような症状を防ぐためには、寝るときに枕を高く、だいたい15センチメートルほどの高さになるよう頭の位置を調整しておくと逆流は防ぐことができます。また、タバコをやめる、チョコレートなどの逆流を悪化させる可能性のある食べものを取らないようにする、コーヒーやアルコールなどを控える、長く胃に食べものが残りっぱなしにならないようにする、というような工夫で症状を軽くすることができます。

それでもなかなか症状が改善されなければ胃酸の出を抑える薬などの服用や、器具を使った治療などを行う必要があるでしょう。再発しやすい病気なので注意が必要で、慢性化してしまうと病気が治っても食道の狭窄が残ってしまうことがあります。



スポンサー広告

ネットショップ広告

胃腸・消化器医院ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 食道がふさがる? 1

食道に起こりやすい病気の症状は、食べたものを飲み込むときに障害を感じるものと、背中や胸に痛みを感じるものがありますが、あらゆる食道に関わる病気の中で最も深刻なものは食道がんでしょう。それ以外にも食道に違和感があるときに疑うべき病気について少し見てみましょう。食道の問題は、狭くなってしまったり、場合によっては完全にふさがってしまうことがあるという点です。 この原因は一つではありませんが、遺伝的な問題による場合や、多くの場合は食道にできた腫瘍や食道についたキズのせいで起こること

胃腸・消化器医院ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。