トップ 胃腸・消化器医院ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

胃腸・消化器医院ガイド胃に起こる病気 > 胃炎と感染症

胃炎と感染症

胃炎と感染症の画像

胃炎や胃潰瘍の主な原因としてあげられるのが、ピロリ菌、正確にはヘリコバクターピロリであることは、最近では一般的に知られるようになってきました。胃の中は強い酸性ですから、ここに細菌が生息することなどできないと長いこと考えられてきましたが、1983年に自分で酵素を出して胃酸を中和して住み着く細菌が発見されました。

これがヘリコバクターピロリです。このピロリ菌がなぜ胃を荒らすのかといえば、胃を胃酸から守っている保護粘膜の中に住み着いて繁殖するからです。ピロリ菌はこの保護粘膜を台無しにしてしまうだけでなく、自分自身でも毒素を出して胃潰瘍の原因を作ります。ピロリ菌が原因で起こる病気は、胃炎や胃潰瘍をはじめとして、十二指腸潰瘍、リンパ腫、慢性じんましん、鉄欠乏性貧血などさまざまで、胃以外の場所にも害を及ぼします。

長期間ピロリ菌に感染したまま放っておくと、胃ガンなどの重篤な病気を招いてしまうこともありますから軽く見ることはできません。ピロリ菌の感染経路ははっきりしていませんが、主に親から幼児への口移しが一番大きな原因ではないかと考えられています。

ピロリ菌の感染があったとしても、はっきりとした自覚症状があるわけではないものの、胃炎や胃潰瘍が起こりやすくなり、胃の痛み、消化不良、胃の不快感などがあります。ヘリコバクターピロリ菌が胃にいるのかいないのかは病院で検査をして貰わないとわかりません。検査の方法はいくつかあり、吐いた息から検査するもの、便で調べるもの、血液検査で調べるものなどがあります。検査の結果、ヘリコバクターピロリが胃の中にいるとわかれば、早めに除去をするに越したことはありません。

ピロリ菌の駆除は内服薬で行います。胃酸の分泌を抑える薬と抗生物質を一日2回、一週間から2週間服用しますが、薬の種類によっては一日4回程度飲まなければならないものもあります。抗生物質を利用した治療のほうが胃潰瘍や胃炎の再発が防ぎやすいことが多いようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告

胃腸・消化器医院ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 救急手当てが必要な胃腸・消化器科の病気 2

緊急な処置が必要となるおなかの病気というと腹膜炎が良く知られています。腹膜炎は細菌感染により、体中に細菌が行き渡ってしまうという病気です。通常、腹膜は感染にはとても強いため、適切な治療によって細菌が除去されれば問題なく治る病気ですが、処置が遅れてしまうと合併症がすぐに表れるというのが怖いところです。 腫瘍の形成がすぐに起こり、腸管をとじてしまいます。腹膜に水がたまり、脱水症状が表れることで、呼吸障害に始まり、腎不全や肝不全に陥ってしまう、怖い病気です。腹膜炎が起こる理由は、

胃腸・消化器医院ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。