トップ 胃腸・消化器医院ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

胃腸・消化器医院ガイド > 胃に起こる病気

胃に起こる病気

胃にできる潰瘍

胃のトラブルである胃炎が進行すると胃潰瘍となってしまう場合があります。胃潰瘍も胃炎と同じく、胃や十二指腸の粘膜の一部が何らかの理由で欠損してしまって起こります。消化器の潰瘍は、潰瘍ができている場所や、また潰瘍の原因などで呼び方が変わります。十二指腸にできた潰瘍は十二指腸潰瘍、胃で起これば胃潰瘍、という具合です。ストレスから起こった潰瘍であればストレス性胃潰瘍等という風に病名が付けられます。 胃炎や胃潰瘍というと、案外身近な病気のような気がしますが、胃炎はともかく、胃潰瘍を起



スポンサー広告

ネットショップ広告

胃に起こる病気の記事

胃に起こる病気のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

胃にできる潰瘍

胃にできる潰瘍

胃のトラブルである胃炎が進行すると胃潰瘍となってしまう場合があります。胃潰瘍も胃炎と同じく、胃や十二指腸の粘膜の一部が何らかの理由で欠損し・・・


胃から食道への逆流

胃から食道への逆流

胃から頻繁に胃液が食道に逆流する症状を胃食道逆流症と言います。胃から出る強い胃酸が、胃のように保護粘膜を持たない食道に入ってきてしまうと簡・・・


胃潰瘍と合併症

胃潰瘍と合併症

潰瘍は消化器内の粘膜が欠損して起こる状態で、たいていの場合、しばらくすると治ってしまっていることが多いのですが、場合によっては消化器から出・・・


胃炎と感染症

胃炎と感染症

胃炎や胃潰瘍の主な原因としてあげられるのが、ピロリ菌、正確にはヘリコバクターピロリであることは、最近では一般的に知られるようになってきまし・・・


胃炎

胃炎

胃は強い酸を出して食べ物を消化してくれる器官ですから、本来は刺激にも強く、かなり強い酸からも守る術を備えている器官ですが、それでもやはり何・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 胃炎と感染症

胃炎や胃潰瘍の主な原因としてあげられるのが、ピロリ菌、正確にはヘリコバクターピロリであることは、最近では一般的に知られるようになってきました。胃の中は強い酸性ですから、ここに細菌が生息することなどできないと長いこと考えられてきましたが、1983年に自分で酵素を出して胃酸を中和して住み着く細菌が発見されました。 これがヘリコバクターピロリです。このピロリ菌がなぜ胃を荒らすのかといえば、胃を胃酸から守っている保護粘膜の中に住み着いて繁殖するからです。ピロリ菌はこの保護粘膜を台無

胃腸・消化器医院ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。