トップ 胃腸・消化器医院ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

胃腸・消化器医院ガイド > 食道に起こる病気

食道に起こる病気

食べたものが胃へ運び込まれない 2

食道の役割はのどから入った食べものを胃に送ることです。食道は規則的に筋肉を動かして食べものを送り出しますが、このぜん動に障害が出てしまうことがあります。食道痙攣などはその例の一つです。食道痙攣が起こると、食道は通常のぜん動とは異なる異常な収縮を始めるようになります。 自覚症状としては胸の痛みとして表れます。胸骨の下のあたりが締め付けられるように痛むそうです。特にものを食べたり飲んだりしていないときでも痛みは起こり、場合によっては寝ていても目が覚めるほどの強い傷みを伴うことも



スポンサー広告

ネットショップ広告

食道に起こる病気の記事

食道に起こる病気のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

食べたものが胃へ運び込まれない 2

食べたものが胃へ運び込まれない 2

食道の役割はのどから入った食べものを胃に送ることです。食道は規則的に筋肉を動かして食べものを送り出しますが、このぜん動に障害が出てしまうこ・・・


食道がふさがる? 2

食道がふさがる? 2

食道の病気で気をつけたいのは、胃酸が逆流することで慢性的に食道の粘膜がきづ付けられてしまっている状態です。この状態が続くと、食道下部に下部・・・


食道に傷がついてしまう病気

食道に傷がついてしまう病気

一般的には食道は損傷を受けにくい丈夫な器官だと言われていますが、食道が傷を受ける原因となる最も大きなものは胃の中の胃酸です。すでに述べたよ・・・


食べたものが胃へ運び込まれない 1

食べたものが胃へ運び込まれない 1

普段私たちはごくあたりまえに毎日食事をします。食べものを口に入れ、味わいながらかみ砕いて飲み込む、という行為は、単に生きるためのエネルギー・・・


食道がふさがる? 1

食道がふさがる? 1

食道に起こりやすい病気の症状は、食べたものを飲み込むときに障害を感じるものと、背中や胸に痛みを感じるものがありますが、あらゆる食道に関わる・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 救急手当てが必要な胃腸・消化器科の病気 2

緊急な処置が必要となるおなかの病気というと腹膜炎が良く知られています。腹膜炎は細菌感染により、体中に細菌が行き渡ってしまうという病気です。通常、腹膜は感染にはとても強いため、適切な治療によって細菌が除去されれば問題なく治る病気ですが、処置が遅れてしまうと合併症がすぐに表れるというのが怖いところです。 腫瘍の形成がすぐに起こり、腸管をとじてしまいます。腹膜に水がたまり、脱水症状が表れることで、呼吸障害に始まり、腎不全や肝不全に陥ってしまう、怖い病気です。腹膜炎が起こる理由は、

胃腸・消化器医院ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。