トップ 胃腸・消化器医院ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

胃腸・消化器医院ガイド消化器のしくみ > 肝臓は何をしているのか

肝臓は何をしているのか

肝臓は何をしているのかの画像

身体の中で最も大きく、一番複雑な仕事を担っているのが肝臓です。肝臓はおなかの右上、肋骨の下あたりにあり、横隔膜の下に位置しています。重さは体重の50分の1で、だいたい1キログラムから2.5キログラムほどの重さがあります。その仕事は数多く、代謝や解毒、排出などなど、ほとんど化学工場のような役割を担っています。お酒を飲んだ後、アルコールを分解してくれるのも肝臓です。

体内にある化学物質の量の調整やコレステロールの産生、タンパク質の生成、血液を凝固させる物質の生成など、実に様々な物質を作っているのが肝臓です。また、長い時間食事ができないなどで血中の糖、つまり身体のエネルギーが不足した時には肝臓にグリコーゲンとしてためておいた糖を放出してエネルギー不足が起こらないようにする働きもしています。

さらに肝臓は大きな解毒装置でもあります。食べものとして入ってきたり、また身体の別の場所でつくられってしまった身体にとって有害な物質を分解し、害を無くすという仕事をしています。解毒された余計な物質は腎臓で濾過されて体外に排泄されてゆきます。このような大仕事を担っている肝臓には、心臓と腸の両方から直接血液が供給されています。腸から送られた血液には食べものから取り込まれた栄養素とともに有害物質も混ざっていますが、これらの処理も肝臓の仕事です。

一方、心臓からの血液は肝臓の組織や肝臓の仕事に必要な酸素の供給を行っています。双方からの血液は肝臓で混ざり合った後、心臓に戻されます。肝臓の仕事は他にも数多くあり、例えば胆汁の生成と十二指腸への排泄、炭水化物の代謝、脂質の代謝、アンモニアの尿素への変換など、その働きは500にも及ぶと言われています。

肝臓は強い再生能力も有しているため、とても丈夫な臓器でもありますが、そのためにかえって損傷や病気の自覚症状が現れにくく、気が付いたときには悪化していることなどもあるので、健康管理の面ではとても注意が必要な臓器とも言えます。



スポンサー広告

ネットショップ広告

胃腸・消化器医院ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 胃にできる潰瘍

胃のトラブルである胃炎が進行すると胃潰瘍となってしまう場合があります。胃潰瘍も胃炎と同じく、胃や十二指腸の粘膜の一部が何らかの理由で欠損してしまって起こります。消化器の潰瘍は、潰瘍ができている場所や、また潰瘍の原因などで呼び方が変わります。十二指腸にできた潰瘍は十二指腸潰瘍、胃で起これば胃潰瘍、という具合です。ストレスから起こった潰瘍であればストレス性胃潰瘍等という風に病名が付けられます。 胃炎や胃潰瘍というと、案外身近な病気のような気がしますが、胃炎はともかく、胃潰瘍を起

胃腸・消化器医院ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。