トップ 胃腸・消化器医院ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

胃腸・消化器医院ガイド消化器のしくみ > 二つの役割を持つ脾臓

二つの役割を持つ脾臓

二つの役割を持つ脾臓の画像

膵臓は、長さが約15センチで、細長い形をしたくさび形の消化器、内分泌器です。右側は多少太く、脾臓まで達していて、反対側の細くなっている左側は十二指腸にはまりこむような形になっています。中には膵臓で作られる膵液を運ぶ膵管が通っており、十二指腸に膵液を運んでいます。

膵臓を構成する組織は2つあり、一つは消化酵素を作り、もう一つはホルモンを作っています。つまり膵臓は二つの仕事をこなしていることになります。膵臓で作られている消化酵素とは、炭水化物を消化するアミラーゼ、脂肪を消化するリパーゼ、タンパク質を消化するトリプシンなどですが、これらの酵素は腺房組織の細胞が分泌しており、総胆管と合流する膵管に流れこみます。

膵管は総胆管と合流したすぐ先で十二指腸に繋がり、十二指腸で消化酵素は活性化を始めます。脾臓が分泌しているのはこれらの消化酵素だけではなく、炭酸水素ナトリウムも大量に作り出しています。この炭酸水素ナトリウムは何に使われるかというと、胃から十二指腸に流れ込む胃酸を中和するために利用されます。この膵臓の働きがあるので、十二指腸は胃酸によって十二指腸粘膜を傷つけられることがありません。

一方、膵臓のもう一つの働きであるホルモンの産生ですが、これもとても重要です。私たちが食べたものをエネルギーとする過程で無くてはならないインスリンや肝臓にしまわれている糖を血中に放出させるグルカコン、この二つのホルモンを抑制するソマトスタチンを膵臓は作り出しています。これらのホルモンは膵臓の中に散らばって存在しているランゲルハンス島という内分泌部から分泌されています。

このランゲルハンス島を酷使しすぎると、血中の糖を低下させる唯一のホルモンであるインスリンの分泌が不足し、炭水化物の代謝の調整やブドウ糖やアミノ酸、カリウムなど身体に必要な栄養素の取り込みやタンパク質の合成などの重要な働きがうまくいかなくなり、糖尿病となります。



スポンサー広告

ネットショップ広告

胃腸・消化器医院ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 食べたものが胃へ運び込まれない 1

普段私たちはごくあたりまえに毎日食事をします。食べものを口に入れ、味わいながらかみ砕いて飲み込む、という行為は、単に生きるためのエネルギーを取り込むためのみならず、おいしいものを食べる、という日常的な喜び似も繋がっています。しかしこのごくあたりまえの一連の動作を行うために、消化器はそれぞれとても複雑な動きを行っています。 口、のど、食道、胃と、食べものが体内に取り込まれるまでに、身体の中でいろいろな器官が連動して働いています。ですから、例えば風邪でちょっとのどが腫れた、とい

胃腸・消化器医院ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。