トップ 胃腸・消化器医院ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

胃腸・消化器医院ガイド消化器のしくみ > 胃の働き

胃の働き

胃の働きの画像

消化器の中でもメインとも言える臓器といえばまず胃かもしれません。口で咀嚼されて食道から送り出された食べものは次に胃に達します。胃は十二指腸に繋がっています。位置は横隔膜の下、肝臓の左になります。胃の形は大きなそらまめのようなものですが、もともとは筒状の気管の入り口と出口にあたる部分が狭く絞られて、その間がふくらんでいる、ととらえるほうが近いかも知れません。

胃の働きはたくさんあり、まず胃に達した食べものをしばらくためておくこと、食べものを粉砕すること、食べものを消化すること、胃酸を分泌すること、などです。胃は一定の大きさをしているわけではなく、ゴムでできた袋のように、中にものが入ると大きくなり、消化が終わって中に食べものが無くなれば小さくなります。胃の中に入った食べものを細かくしたり、溶かしたりして消化しているのは主に胃の下の部分で、ここは幽門部と呼ばれます。

この幽門部が規則正しく動いて収縮することで、食べたものは胃酸や胃の中の酵素と混ざり合い、小さくなって、消化されてゆきます。胃の内面の細胞は、消化液となる成分を分泌していますがこれは一つの種類ではありません。粘液とともに塩酸や、ペプシンと呼ばれるタンパク質を分解する酵素に近いもの等があり、それぞれに異なる役割を担当しています。

粘液は消化液が食べものだけでなく胃を傷つけるのを防ぐために分泌されています。粘液がなければ胃の消化液は自分自身も消化してしまうことでしょう。実際、胃潰瘍などの原因はこの粘液が傷つけられて胃壁を保護できなくなった部分に表れるものです。粘液の層が損なわれる原因は、アスピリンなどの服用によるものや、最近ではピロリ菌が原因となる場合が多いことも知られています。

胃の中は食べものを溶かすために強酸性となっていますが、これは胃から分泌される塩酸によるものです。胃が強い酸性であることで、食べものとともに入ってきた細菌を殺菌するという効果もあります。



スポンサー広告

ネットショップ広告

胃腸・消化器医院ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 二つの役割を持つ脾臓

膵臓は、長さが約15センチで、細長い形をしたくさび形の消化器、内分泌器です。右側は多少太く、脾臓まで達していて、反対側の細くなっている左側は十二指腸にはまりこむような形になっています。中には膵臓で作られる膵液を運ぶ膵管が通っており、十二指腸に膵液を運んでいます。 膵臓を構成する組織は2つあり、一つは消化酵素を作り、もう一つはホルモンを作っています。つまり膵臓は二つの仕事をこなしていることになります。膵臓で作られている消化酵素とは、炭水化物を消化するアミラーゼ、脂肪を消化する

胃腸・消化器医院ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。