トップ 胃腸・消化器医院ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

胃腸・消化器医院ガイド消化器のしくみ > 食道の役割

食道の役割

食道の役割の画像

私たちの身体のなかで、食べものが最初に入る場所は口です。ここで咀嚼された食べものは口に繋がり、下後方にあるのどに向かって流れてゆきます。口に入れて噛んだものを飲み込むというのはごく自然に行われる動きですが、特に意識しないこの自動的な動きの中でも、食べ物が気管に入ってゆかないように、のどはうまく調整してくれるという機能を持っています。

この働きは喉頭蓋と軟口蓋という小さな筋肉弁が行うもので、喉頭蓋は食べ物を飲み込むときに閉じて、肺に繋がる道をふさぎ、口の後ろの部分にある軟口蓋は持ち上がるようにして鼻に食べ物が言ってしまうのを防いでいます。何かの弾みで飲み物などが食道をそれて気管に入り込み、激しく咳き込んでしまうという経験は誰にでもあるものでしょうが、あれば苦しいものですね。

通常、のどはそのようなことが起こらないように、食べものの行き先を誘導する役割を持っているというわけです。咀嚼されて喉を通った食べものは、次に食道に向かいます。食道は薄い筋肉の層でできている、管状の細い気管です。粘膜に覆われている食道は、喉と胃をつなぐ食べものの通り道となっています。人間の食道は、成人するとだいたい25センチから30センチほどの長さがあります。

食道は気管支などの後ろを通って横隔膜を突き抜けるような形で胃に達しています。私たちが飲み込んだ食べものが胃に向かって落ちてゆくのは、何となく重力の働きによるもののような気がしますが、実はそうではなく、食道の筋肉が収縮することによって起こる運動で胃に送り出されているのだそうです。この食道の動きはぜん道と呼ばれています。

食道は筋肉のチューブのようなものですが、その両端の筋肉は輪状になっていて、開閉を繰り返しています。この輪の部分は上部の喉に繋がっている部分が上部食道括約筋で、下の方は下部食道括約筋です。この食道括約筋があるおかげで、胃の中のものが食道に逆流しないですむような作りになっているのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告

胃腸・消化器医院ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 胃炎と感染症

胃炎や胃潰瘍の主な原因としてあげられるのが、ピロリ菌、正確にはヘリコバクターピロリであることは、最近では一般的に知られるようになってきました。胃の中は強い酸性ですから、ここに細菌が生息することなどできないと長いこと考えられてきましたが、1983年に自分で酵素を出して胃酸を中和して住み着く細菌が発見されました。 これがヘリコバクターピロリです。このピロリ菌がなぜ胃を荒らすのかといえば、胃を胃酸から守っている保護粘膜の中に住み着いて繁殖するからです。ピロリ菌はこの保護粘膜を台無

胃腸・消化器医院ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。